首イボに効くイボコロリ内服錠の詳細

横山製薬のイボコロリの公式サイトのサムネイル

 

横山製薬より市販されているのがイボコロリです。

 

イボコロリはウイルス性イボに効くのから、首や顔の老人性イボに効くのと2種類があります。
どんな薬局やドラッグストアでもまず置いてあることが多い薬で、一度は聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

 

ただ、2つのそれぞれの薬は両方ともイボ用ではあるものの、全く効果や副作用の面でも違いがあります。
なにより、間違って使用をすることは危険でもあるので、きちんと症状にあったのを利用する必要があります。

 

個人的には首イボ用の市販薬を使うのであれば、イボコロリがおすすめではあります。
ただ、使用の際には注意をしなければいけない副作用もあるのも事実です。

 

首イボや顔イボを取りたくてイボコロリを使おうと考えている人はご覧ください。

 

大塚製薬のイボコロリには2種類ある

 

大塚製薬より市販されてるイボコロリには2種類があります。
私は20代の頃にウイルス性イボにかかり、30代で老人性イボにも悩まされたので両方使ったことがあります。

 

  1. イボコロリ内服錠
  2. イボコロリ液体タイプ

 

錠剤となっているのが「イボコロリ内服錠」で首や顔のイボに効く市販薬です。
塗り薬となっているのが「イボコロリ液体タイプ」で指先や足裏に使えるウイルス性イボの市販薬です。

 

ただ、間違っても注意が必要なのが液体タイプです。
ウイルスに感染している皮膚ごと排出することで、治療をする為の薬となっています。

 

そのため、首や顔のような皮膚の薄い場所には使えないですし、シミや跡が残ってしまうので絶対に使用をしないでください。

 

横山製薬のイボコロリ内服錠の公式ページへ

 

首や顔の老人性イボに効くイボコロリ内服錠の効果

イボコロリ内服錠

 

首イボや顔イボに効く薬として知られるのがイボコロリ内服錠です。

 

配合されている主要な成分はヨクイニンエキスと呼ばれる、ハトムギの種子から取ることができる成分です。
イボ取り成分としてヨクイニンエキスは有名で、他の薬の主要成分も同様となっています。

 

イボコロリ内服錠の価格は1個で2,000円ほどです。
但し、約10日分の内容量となっているので、1か月での使用だと3箱が必要となります。

 

後ほど解説をしていますが、副作用の報告もされており、子供や妊婦の方も使用をすることができません。
必ず使用の際には添付書を確認して、使用用途を守る必要があります。

 

ウイルス性イボに効くイボコロリ液体タイプの効果

イボコロリ液体タイプ

 

ウイルス性イボに効く薬として知られるのがイボコロリ液体タイプです。

 

液体を塗った部分の皮膚の細胞を死滅させることによって、ウイルス感染をした皮膚を取ることができます。
皮膚ごとウイルスを皮膚内から除去をする市販薬なのですね。

 

そのため、使用をして数日たつと塗った場所が白くなっていき、皮膚がペロリと取れてしまいます。
首や顔は皮膚が薄いので間違っても使うことができないです。

 

ウイルス性イボは汚れたり雑菌が付着をしやすい、指先や足の裏にできることが多いです。
私の時は足裏だったのですが、治療をするのには苦労をしました。

 

他の薬に比べイボに効くヨクイニンエキスの量が多いことが特徴

 

イボコロリ以外のその他の首イボ用の薬の主要成分はほとんど変わりがありません。
どれもヨクイニンエキスを凝縮しているものであって、後は添加物のみであるのが多いです。

 

その中でも他の薬と違った特徴としてあるのが、イボコロリ内服錠はヨクイニンエキスの配合量が多い点です。
価格も少し高めではあるのですが、有効成分の配合量が多くなっているのですね。

 

横山製薬より販売されているイボコロリは液体と錠剤と2種類あるのですね。このうち首や顔の老人性イボに使えるのが錠剤タイプとなっているので、間違えないように注意をしてください。

 

イボコロリ内服錠の副作用

 

イボコロリ内服錠は副作用が報告されている薬でもあります。
主に胃や消化器官に関するものになります。

 

皮膚:発疹・発赤、かゆみ

消化器:胃部不快感
服用後に下痢の症状があらわれることがあります。
引用元:イボコロリ内服錠の添付書

 

副作用に関しては個人のサイトよりも、きちんと公式より発表がされているのを参考にするのをおすすめします。
上記は横山製薬の公式サイトの添付書に書かれている副作用の部分です。

 

イボコロリ内服錠を飲み始めて、上記の副作用であったり、異常を感じたのであればすぐに使用を止めて、医師に相談をするようにしてください。

 

副作用が心配な人に人気なのがクリームでのケア

 

首イボの薬はイボコロリだけではなく、どれも副作用が報告されているのが、添付書に書かれていることが多いです。
そのため、自宅でイボをどうにかしたいけど、副作用が心配って人に人気があるのがクリームを使ったケアです。

 

私自身も最終的に選んだ方法となります。

 

価格も安いのが販売されており、口コミでも評判が良いのがあったりします。
自宅で手軽にケアができるので、人気がある方法です。

 

首イボを市販薬やクリームを使った取り方

 

薬は化粧品に比べからだに与える影響が強いです。そのため、副作用があることも多く、イボコロリに関しても報告がされています。副作用が心配って人や安くケアがしたいって人にクリームが人気となってるのですね。